売買と売却

どんなものがあるのか

任意売却とは、住宅ローンなどを受けて家を購入している場合、住宅ローンを払えなくなった時にその住宅ローンを受けた金融機関との合意で家を売却する手続きの事です。任意売却をを考えてほしい人は多々存在しています。たとえば、銀行から督促状や催告書が届いている場合、離婚するので家を手放したい…固定資産税が払えず、所有している建物に差し押さえが入った…などの場合です。この任意売却をするまでの流れには、自宅を売却しなければいけないということになり、住宅ローンの残りの債務をすべてを一括で返済しなければなりません。これによって不動産の抵当権や差し押さえを解除できます。これまでの流れが出来ない場合の手続きのことが任意売却と言います。

任意売買と任意売却のこと

任意売却と共に「任意売買」という言葉があります。簡単に言います。この二つの言葉は同じ意味を含んでいます。一般的に任意売却と呼ばれているだけのことです。他に任意売却と似たような方法があります。それは「競売」です。どちらも自宅を手放さなければなりませんが、任意売却の方がはるかにメリットがあります。価格の面についても市場価格に近い金額で売却が可能ですし、引越しの際の費用も現金で残ることがあります。売却しても残る借金も、分割して支払いが可能です。給料が差し押さえされることはありません。更に、近所にも知られずに売却することができます。競売の場合はホームページに情報が載せられることもあり周囲に売買したことが知れ渡ってしまいます。このように任意売却には、さまざまなメリットがあります。