金額の傾向

別荘不動産の平均的な価格とは

別荘不動産の価格が下がったのは、別に観光地の魅力がなくなったわけではありません。 実際に別荘の中古物件はたくさんあります。どの不動産もバブル時期かそれ以降に作られたものですが、2LDKだと1000万円を切る物や中には500万円台で買える別荘もゴロゴロしています。別荘が余っているのはその管理費と固定資産税を入れるとその不動産を所有することで負債になってしまうかからなのです。不動産を所有していれば資産になると言われたのは遠い昔の話です。その価格が下落する以上資産になることはないと気づいた人が多いのです。

では、別荘の今後はどのようになっていくのでしょうか。別荘は買うよりも借りることに価値を見出している人が多い時代になりました。別荘を借りるというのは、とても合理的な手段だと考えられているのです。まず、管理費はかかりません。不動産を所有しているわけでもないので固定資産税もかかりません。 貸別荘の金額の傾向は年で7日間借りる契約をするとおよそ1万円程度になります。繁忙期には若干高くなりますがおおよそ1万2千円程度で1泊できていしまうのです。別荘の広さは2LDKが多く、4人か5人家族で泊まるにはちょうどいい広さと言えます。 最近はシェアの時代です。自分のものとして所有するだけでなく、共有をすることで価値を見出しています。