タイムシェアとして

ハワイが人気で、価格は上昇傾向です。

別荘を投資の一つとして購入する方やショートステイのために購入する方が増えており、今後もこの傾向は続くとみられ、価格も高くなることが考えられます。 需要に伴い、現地の不動産会社では日本語に対応し、日本企業も参入しているため、日本にいながらでも購入ができるなどの環境が整っています。 また、購入する物件に関しても変化がみられています。これまでは間取りが広く、高額な物件を希望する方が多かったのですが、近年では最低限の間取りで、価格も比較的抑えられた物件が人気を博しています。

現在は購入する方が増えています。

これまでは国内外を問わず、別荘は一軒家を購入することが多かったのですが、最近ではタイムシェアでの購入が増えています。タイムシェアとは一定期間、滞在する権利を有する制度でホテルや不動産事業者が行っているサービスです。提携している他のホテルや不動産でも世界中で使用できるため、注目されています。特にこれまで別荘を購入するシニア世代だけでなく、20代や30代の若年層の購入が増えています。 最大のメリットは使用していない期間は、その権利を販売することができます。販売することで、ホテルや不動産業者はその権利期間を通常の宿泊施設として提供し、そこで得た利益の一部を還元してくれるため、不動産投資の一つとしても注目が高まっています。