Real estate

子どもがいる家庭は

子どもがいる家庭だと、キッズルームのある不動産物件を選ぶのがおすすめです。大規模な分譲マンションでは、そういった共用設備が設けられているところもあるので、チェックしてみるとよいでしょう。

売買と売却

ここでは、「任意売却」と「任意売買」についてまとめています。これら2つの言葉は同じ意味を含んでいますが、一般的に任意売却のほうが使われています。そもそも任意売却とは何なのか、という点に関してご紹介します。

金額の傾向

観光地などに多く見られる別荘不動産の価格についてはどうでしょうか。別荘はかつてよりは安く買える時代になりました。これは不動産価格が不況の影響で下がっているからという理由があります。

タイムシェアとして

別荘の不動産価格の傾向は、日本国内では購入しやすくなっています。一方、日本人が多く訪れるハワイなどのリゾート地では価格が上昇しています。タイムシェアとして購入する人も多くいます。

安定感と安心感

出遅れ銘柄を狙っていこう

上場不動産投資信託の平均分配金利回りが下がってきています。これは投資口価格が分配金の増加以上のペースで上昇をしていることを意味します。特に最近では中小の物件に投資をしている銘柄が大きく上昇をしています。大型物件に投資をしている銘柄が先行して上昇し、相対的に分配金利回りが高い中小物件投資型の銘柄が出遅れ感から買われているといった状況になっています。上場不動産投資信託には個人のみならず、生命保険会社などの機関投資家も参加してきています。生命保険会社などの機関投資家はこれから投資を本格化するところであり、ますますの上昇が見込めます。上場不動産投資信託は証券会社を通じて購入できるので、投資を検討しているなら、まず証券会社で口座を開設しましょう。

人気の理由は

これほどまでに上場不動産投資信託が人気である理由は収入の安定感です。不動産ミニバブルが崩壊した時には多少の混乱がありましたが、この危機を乗り越えたことで、上場不動産投資信託全体の堅実度が増しました。その後、安定した分配金の支払いを続け、最近では増配を発表する銘柄が増えてきています。特にオフィスビル系の銘柄は強気の家賃交渉ができる段階に入っており、今は低くなっている分配金利回りも、今後さらに上昇する可能性を秘めています。また、スポンサーがしっかりしているということも人気の理由に挙げられます。上場不動産投資信託のメインスポンサーには大手総合不動産会社や大手商社などの名前が挙がっている銘柄もあります。これらの会社のネットワークを通じてテナント募集や物件探しを優位に勧められるという期待もあるのです。